WINE~ワイン~

フラスカーティ・セッコ
白 G¥600 B¥3,800

生産者 フォンタナ・カンディダ

タイプ 白(辛口・ライト)

品種  マルヴァジーア

    トレッビアーノ

産地  ラツィオ

コメント

「法王のワイン」ともいわれるフラスカーティーを代表するワイナリー。世界に知られているイタリアワインのひとつ。地元のワインとしてローマっ子にこよなく愛されています。洋ナシやリンゴの香りとフレッシュな味わいが特徴です。



“ヴィティージェ”シャルドネ・ルビコーネ
白 G¥600 B¥3,800

生産者 テッレ・チェヴィコ

タイプ 白

品種  シャルドネ

産地  エミリア・ロマーニャ

コメント

レモンや熟したゴールデンアップルのノートにトロピカルなタッチが感じられます。フレッシュな酸味と柑橘系のフィニッシュ、しっかりとしたストラクチャーのあるワインです。鶏肉のローストや熟成させたチーズ、パテやテリーヌなどとよく合います。



フェウド・モナチ フィアーノ・サレント
白 G¥600 B¥3,800

生産者 カステッロ・モナチ

タイプ 白(辛口・ミディアム)

品種  フィアーノ

産地  プーリア

コメント

緑を帯びた淡い黄色に、凝縮感のあるフルーティなブーケ、心地よい芳香があり、フレッシュでやさしい味わいです。魚介類の前菜やパスタなどと相性のよいワインです。



“エオス” サレント
白 G¥600 B¥3,800

生産者 カステッロ・モチナ

タイプ 白

品種  フィアーノ モスカテッロ・セルヴァティコ

産地  プーリア

コメント

香り豊かなフィアーノとモスカテッロ・セルヴァーティコをブレンドし、華やかなアロマが広がる白ワインに仕上がりました。白桃やオレンジの花の香が心地よく、フレッシュ感のある味わいには、柑橘を感じる余韻が長く続きます。



パルテノペ ファランギーナ
白 G¥600 B¥3,800

生産者 フェデリチャーネ

タイプ 白(辛口)

品種  ファランギーナ90%

    コーダ ディ ヴォルペ10%

コメント

輝きを帯びた淡い麦わら色。柑橘類を感じさせる果実味豊かな香り、口当たり柔らかで包み込むような、調和のとれた味わい。



“クラボ” リースリング
白 G¥800 B¥4,800

生産者 マーレ・マンニュム

タイプ 白

品種  リースリング

産地  ロンバルディア

コメント

シーフードを楽しむために造られたさわやかで華やかな白ワインで、ラベルにはカニや牡蠣などの甲殻類が描かれています。緑を帯びた薄い黄色。白い花やリンゴ、桃のアロマに、かんきつ類のノートが感じられます。ミディアムボディでかんきつ系のさわやかな果実味が感じられます。華やかでミネラル感があり、長い余韻を楽しめるワインです。シーフードはもちろん、サラダ、スパイシーなアジアン、鶏などの白身肉ともよく合います。



アルタモーラ エトナ ビアンコ
白 G¥800 B¥4,800

生産者 アルタモーラ

タイプ 白

品種  カッリカンテ100%

 コメント

緑がかった麦わらイエロー色。ジャスミンやタイムの印象が爽やかなフレッシュでフルーティなミネラル感を伴うブーケ。クリアでミネラル、複雑味のある味わい。あらゆるシーンにぴったりな、フルボディで秀逸な上級白ワイン



“ヴィティージェ”ピノ・ネーロ・ヴェネト
赤 G¥600 B¥3,800

生産者 テッレ・チェヴィコ

タイプ 赤

品種  ピノ・ネーロ

産地  ヴェネト

コメント

温度管理されたステンレスタンクで発酵し、澱引き後にマロラクティック発酵。赤スグリやラズベリーの香りにドライハーブやスパイスのノートが続きます。しなやかなタンニンとミネラル感のある酸が調和したミディアムボディのワイン。牡蠣や新鮮な魚介類、エビフライやローストした鶏肉とよく合います。



”ヤンモ”ロッソ
赤 G¥600 B¥3,800

生産者 ヴィッラ・マティルデ

タイプ 赤(辛口・ミディアム)

品種  トレッビアーノ

産地  カンパーニア

コメント

”ヤンモ”はナポリ方言で「行こう」の意味。エチケットに描かれているのは登山鉄道「フニクリ・フニクラ」で有名な活火山、ヴェスヴィオ山。海と山の恩恵を受けたカンパーニアの豊かな土地から生まれた、ナポリをイメージしたワインです。深いルビー色、ブラックベリー、チェリー、胡椒、リコリス(甘草)の濃厚な香り、しっかりとしたなめらかな味わいは、スパイシーなピッツァによく合います。



カベルネ ソーヴィニヨン
赤 G¥600 B¥3,800

生産者 ラ カッライア

タイプ 赤

品種  カベルネ ソーヴィニヨン100%

コメント

深いルビーレッド色。加熱したプラムや黒いフルーツのアロマが、次第にカシスやタバコの葉、なめし革のスパイシーな香りへと変化する。リッチなタンニンと酸が食欲をそそる。



アンティカ オステリア ロッソ
赤 G¥600 B¥3,800

生産者 ガロフォリ

タイプ 赤

品種  モンテプルチャーノ75%、サンジョヴェーゼ25%

コメント

使用されるブドウはどれもマルケ州の広い地域で古くから栽培されているポピュラーな品種。フルーティーで優しい口当たりはデイリーワインとして最適。コスト パフォーマンスの高さが光る一本。



“テルース” ロッソ・ラツィオ
赤 G¥800 B¥4,800

生産者 ファレスコ 

タイプ 赤

品種  シラー100%

産地  ラツィオ

コメント

ラツィオの畑の偉大なポテンシャルを表現するブドウとして、ファレスコ社では、シラーに焦点を当てることにしました。収量を抑え糖分とフェノール分のバランスのとれたブドウの栽培を行っています。アルコール発酵後は、バリック(小樽)でマロラクティック発酵させ約5ヶ月間熟成させます。チェリーなどのフルーツにスパイスやバニラの甘い香りが加わり上品でバランスのよいワインです。



アルタモーラ エトナ ロッソ
赤 G¥800 B¥4,800

生産者 アルタモーラ

タイプ 赤

品種  ネレッロ マスカレーゼ100%

コメント

ルビーレッド色。ペッパーのスパイシーなアロマが印象的。黒スグリの香りをベースに山のハーブを思わせるブーケ。滑らかでソフトなタンニンを伴う、生き生きとした風味の良い味わい。



バルベーラ・ピエモンテ・オーガニック
赤 Bのみ¥7,800

生産者 フォンタナフレッダ

タイプ 赤

品種  バルベーラ

産地  ピエモンテ

コメント

ピエモンテを代表するワイナリーであるフォンタナフレッダより、有機認証を取得した特別なバルベーラです。発酵後にセメントタンクとスラヴォニア産オークの大樽で熟成。バルベーラらしいベリーやプラムの香りとやわらかいタンニンが特徴的で、生ハムやサラミ、少し熟成したチーズによく合います。



ロッソ・ディ・モンタルチーノ
赤 Bのみ¥9,000

生産者 バンフィ

タイプ 赤

品種  サンジョベーゼ

産地  トスカーナ

コメント

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノと比較して、フルーティな香りとソフトな口当たりが特徴です。フランス産のバリック(小樽)とオークの大樽での10〜12ヶ月熟成から生まれる、スミレやチェリー、プラムなどの香りとソフトな味わいのワインです。



ラムーザ
ロゼ G¥800 B¥4,800

生産者 クズマーノ

タイプ ロゼ

品種  ピノ ネーロ100%

コメント      

パレルモのフィクッツァにあるピアーナ デッリ アルバネージの畑のブドウを使用。海抜700m。チェリーを思わせるピンクの色合い。木イチゴや野イチゴの香り。フレッシュでスパイシーな味わい。フィクッツァからコーダ ディ リッチョの湖へと続く道には自然豊かな森が存在し、そこの泉に因んで名付けられたのが“ラムーザ ”。生産地特有の個性がよく表れている。光沢があり爽快なワイン。



スプマンテ・ブリュット・トレッビアーノ
白スプマンテ Bのみ¥3,800

生産者 テッレ・チェヴィコ

タイプ 白スプマンテ(辛口)

品種  トレッビアーノ

産地  エミリア・ロマーニャ

コメント

中部イタリア、エミリア・ロマーニャ州の中でもアドリア海にほど近いエリアで造られるスプマンテ。”ラルス”とはラテン語で「カモメ」を意味し、味わいはフレッシュで爽やかです。ブリュットはすっきりとした味わいの辛口タイプです。



ルイ・ジャド シャブリ・シャペル・オー・ルー
白 G¥1000 B¥6,800

生産者 ルイ・ジャド

タイプ 白

品種  シャルドネ

産地  フランス ブルゴーニュ シャブリ

コメント

レモンやグレープフルーツを思わせる新鮮な柑橘系の果実や白い花を思わせる香りと、果実味のある心地よい酸味が特長です。シーフード料理、優しい風味のチーズなど、気軽な家庭料理に合わせて楽しめます。フランス ブルゴーニュを拠点とするルイ・ジャド社は1859年から続く歴史ある名門ワイナリーです。ブルゴーニュ有数の広大な自社畑を所有し、ブドウ栽培にも力を入れ、『品質の追求』のみをそのポリシーとして貫いています。日本未入荷ワイン。シャブリの特級畑であるヴォーデジールは、同じく特級畑であるプリューズとグルヌイユ、ヴァルミュールに挟まれた、傾斜がきつく、石灰よりもやや粘土が多い土壌。シャブリのグラン・クリュの中でも最も繊細で女性的なタイプ。グレープフルーツ等の新鮮な柑橘系の果実や白い花を思わせる香りがします。果実味のある心地よい酸味が特長の辛口白ワイン。ルイ・ジャド社は1859年に、由緒あるブドウ栽培家としての歴史を有するジャド家のルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドによって創設されました。現在までにモノポールであるクロ・デ・ズルシュールに加え、ブルゴーニュの銘醸格付け畑を次々に取得し、現在約240haの自社畑を所有するブルゴーニュ有数の大ドメーヌとなるとともに、優れた品質のワインを提供するネゴシアン・エルブールとしても高い評価を受けています。